光を当てながら歯磨きすると歯が白くなる?

光を照射しつつ歯磨きを行うと歯が白くなると言われているのですが、
それはなぜなのでしょうか。

 

◆光触媒を使う特殊な歯磨き
実は、歯を白くする作用がある特別な歯磨きの手段が存在します。

 

光触媒というテクノロジーを活かした特殊な歯磨きが存在しており、
光を照射する事によって、汚れを分解させる効果のある成分が活発に動き、
着色を除去してくれるのです。
また、口内の悪臭やネバネバを軽減する作用もあります。

 

歯のモデルさんなども使用していますが、誰でも普通に買う事ができます。

 

歯磨き粉とLED等のライトがセットになっている事が多く、
気軽にホワイトニングに取り組む事ができます。

 

ホワイトニング力も高いので、セレブやモデルさん達の愛用者も増えているそうです。

 

◆「光」の別の使い方
歯科医院も光を照射しながら、ホワイトニングを進める場合があります。
ただ、これは光を照射する事で歯の白さをチェックしているだけであり、
光の力で歯を白くしているわけではありません。

 

現状の技術では、光の力だけで(医療的な意味で)歯が白くなる事はないので、
勘違いしないようにしましょう。

 

 

さて、歯の表面にはスケルトンの「エナメル質」が存在しています。
そして、その奥には「象牙質」という黄色がかった層があります。
ですから、歯は健康でも少し黄色く見えるのです。

 

エナメル質は、普通は光をそのまま通過させますが、
これを適切に加工する事で、光の乱反射を発生しやすくして、
歯を白く見せる事が可能なのだそうです。

 

このような手段で進めるホワイトニングも存在するという事ですね。
この場合、歯への負担もかなり少ないので、
歯が痛くなったりもろくなったりするという事はまずありません。
母乳ハーブティー