歯磨き粉でホワイトニングは可能なの?

歯を白くしたいけれど歯科医院に行くほどでもないという場合には、
自分でホワイトニング歯磨き粉を使ってみるという手段があります。

 

ですが、このホワイトニング歯磨き粉は本当に効いてくれるのでしょうか?

 

◆そもそもホワイトニングとは何か?
ホワイトニングの医療的な定義は「厚労省が承認した薬品を用いて歯を白くする事」です。
そして、そのような薬品は歯科医のみに使用が許されており、
店売りの普通の歯磨き粉に含有させる事は禁止されています。

 

ですから「医療的な定義でのホワイトニング」を自力で行う事は不可能です。

 

 

そして、店売りの普通の歯磨き粉には
「着色を除去して、歯を白くする」という役目があります。

 

ですから「大抵の人が連想する意味でのホワイトニング」は行う事が出来ます。

 

◆ホワイトニング歯磨き粉は効くのか?
ホワイトニング歯磨き粉の力で歯を白くする事は、理屈の上では可能です。

 

「理屈の上では」と述べたのは、歯科医院でのホワイトニングに比べて効果も低く、
効くまでに時間もかかるからです。

 

ですから、効かなかったと感じている方もたくさんいます。

 

紅茶やコーヒー等、着色しやすい食べ物や飲み物を摂る機会が多い場合は、
さらに効きにくくなります。

 

そして、ホワイトニング歯磨き粉で明確に色素を除去するには、
当然ですがブラッシングそのものが適切に行えていないといけません。
歯の表面は白く映っても、その内部は目も当てられない状態になっている
というケースもあります。

 

結局、ホワイトニング歯磨き粉の歯を白くする効果に関しては、
各々の歯の質や歯磨きの仕方など、色々なものに左右されると言えそうです。
これは「歯磨き粉側」というよりは「使う人間側」の問題と言えそうですね。

 

ですから、やはり確実に歯を白くしたいのであれば、
歯科医院でホワイトニングを施してもらいましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使うのであれば、
かなりきちんと歯を管理した上で使用していく必要がありそうです。