ホワイトニングの白さが不自然なワケ

歯にホワイトニングを施すと大幅に歯が白くなりますが、
場合によってはそれが不自然に見えてしまう事もあります。

 

実は歯は真っ白ではない

歯は白いものと捉えがちですが、これにはメディアの影響があると思います。

 

テレビコマーシャルなどで歯が映る人達は、大半が歯のモデルです。
歯のモデルさんは、歯のホワイトニングによって歯を真っ白にしています。

 

ですが、本当は人間の歯には少なからず黄色味が混ざっているものです。
なぜなら、歯には「象牙質」という部位が、
表面の透明なエナメル質の内側にあるからです。

 

この象牙質は黄色味が掛かっており、普通の歯であれば、
象牙質の色味がエナメル質を通り越して見えるので、
少しばかり黄色く見えるものなのです。

 

この象牙質の色は、老化するに伴い濃くなっていきます。
そして、エナメル質は老化するに伴い薄くなるので、
全体的に見れば、年を取るうちに歯は黄色くなっていくのです。

 

歯が汚れるのはなぜか?

歯が汚れる理由は、食品などの色素が歯に付いてしまうからです。

 

ことに歯の微細なデコボコや傷に色素が入り込むとなかなか除去できないので、
色が濃く見えてしまう場合も珍しくありません。

 

普通のホワイトニング歯磨き粉には研磨成分が入っており、
この色素による汚れを、物理的に除去してくれます。

 

歯科医院で実行されるホワイトニングでは、
薬品の力でエナメル質に微細な傷を付けて、光の乱反射を発生させ、
それによって歯が白く映るようにしていくことが多いです。

 

これだけの事を行うわけですから、歯や口の中を多少傷つける事にはなります。

 

ですから、歯をナチュラルに白くするには、
原則として歯の汚れを除去していくのが一番と言えそうですね。
歯のホワイトニングでは、ダメージもそれなりにありそうです。

 

歯を白くする事は大切ですが、
歯のナチュラルさと口の中の健全性を守る事の方がより重要です。
ブリアンの口コミ