ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ

歯が黄色いと折角の美貌や美声も台無しで、やはり歯は白いと印象が良く、かつ健康的です。
そこで大金を使って審美歯科でオフィスホワイトニングや
ホームホワイトニングをする人がいますが、
そこまでしなくても、市販のホワイトニング歯磨き粉で間に合うでしょう。

 

 

歯を白くするには

歯を白くするには、歯の表面を覆っているエナメル質に付着した汚れを除去することで、
そのために研磨剤でエナメル質を薄く削ります。
なお、最近注目されているのが消しゴムタイプの歯磨き粉で、これは効果があるようです。
しかし、理窟は消しゴムのようにエナメル質を擦るのですから、
歯の表面を傷つけるリスクがあることを承知して、ほどほどに使いましょう。

 

ちなみに、審美歯科で保険適用外のホワイトニングは、オフィスとホームがありますが、
費用が高いことと、過酸化水素を使うので、間違うと炎症が起きて、激しい痛みがあります。
また、ホームホワイトニングは自分で歯型のトレイを使いますが、
どうしても違和感があり、途中でお手上げになることがあるようです。

 

 

結局は歯磨き粉

このように審美歯科や消しゴムタイプの歯磨き粉などがありますが、
やはりおすすめは普通の歯ブラシに歯磨き粉をつけて歯を磨くことです。
どうしても消しゴムタイプを使いたいのなら、週に一度程度に止めておきましょう。
つまり、普通のホワイトニング歯磨き粉と消しゴムタイプを併用することで、これで効果はアップするでしょう。

 

 

フッ素ジェルの使用

歯は常に再石灰化を繰り返しています。
ですからホワイトニング歯磨き粉や消しゴムの研磨剤で削られた歯の表面が、
再石灰化作用で修復されます。
この作用は必要で、そのためにはフッ素が効果的と言われています。
そこでおすすめはフッ素ジェルの使用で、これで歯の白さが保たれます。
ホワイトニング歯磨き粉の研磨剤で傷ついた歯の表面がそのままだと、必ずしも白くなるとは言えません。

 

つまり歯を白くするには、フッ素ジェルも使う必要があるのです。
歯磨き粉を選ぶ際にはフッ素が入っているかどうかもポイントになります。

 

歯の白さが失われる要因

ここでは、歯の白さが損なわれる要因を紹介していきます。

 

歯の黄ばみ

これも歯の白さが損なわれる原因であり、
真っ先にこれを思い浮かべる人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

実は、原則として「歯の象牙質の色合いが透けている」というのが、
歯の黄ばみの正体です。

 

歯の表面はスケルトンのエナメル質があり、
その内部に少し黄色味がある象牙質が存在しているのです。

 

スケルトンとエナメル質は、健全な状態でも内部が空けますが、
加齢等によって、エナメル質が徐々に薄くなると、
相対的に象牙質の色が濃くなっていきます。

 

また、研磨成分の入っている歯磨き粉でゴシゴシ力を入れて磨き過ぎたり、
何度も磨き過ぎたりした場合にも、エナメル質がだんだん削れていってしまいます。

 

そもそもホワイトニング歯磨き粉では、
原則このような歯の黄ばみを和らげる事は不可能です。

 

食べ物の色素が付く

食べ物の色素が付く事でも歯は汚れます。
そしてホワイトニング歯磨き粉の主な役目は、このタイプの汚れを除去して、
歯を白くしていく事です。

 

ワイン、紅茶、コーヒー等の色が濃い食べ物や飲み物により、
色素が歯の歯垢や表面に沈着すると、頑固な着色汚れに変化していってしまいます。

 

ですから、沈着する前に早急に歯の汚れを除去するのが大事であるという事ですね。
色味が強い食べ物や飲み物を摂る場合は、間に水を飲んだり、
うがいを行ったり、歯を丁寧に磨いたりする事が重要です。

 

タバコのニコチン

タバコのニコチンには、歯に沈着して茶色く見せてしまう作用があります。

 

タバコのニコチンは歯の奥部にまで侵入し、
歯が腐敗したような色合いになっていくので、著しく審美性を低下させる事になります。

 

また、タバコと缶コーヒーを両方好む方もたくさんいるでしょうが、
缶コーヒーの糖分には、歯の表面を溶解させる働きがあります。

 

そのため、歯の奥部にまでコーヒーやニコチンの色素が侵入しやすいので、
歯にとってはとてもリスクの高い組み合わせてあると言えます。

 

歯の微細な傷

歯の微細な傷にも注意しましょう。

 

これらが増加していくと、その場所に色素や汚れが付きやすくなり、
さらにブラッシングもしにくくなるので、色素沈着が起きやすくなってしまいます。

 

うがいや歯磨き等をきちんと実行したり、唾液の分泌を促したりして、
歯の再石灰化を進めるようにしましょう。
ホワイトニング 歯磨き粉

更新履歴